特許関連

トンネルとは・・・

 水路トンネルは、用水施設での水路施設に位置づけられます。主に、湖沼、ダム等から、農業用水を受益地まで、山間部を安全に農業用水を送水する施設です。トンネル断面は、小断面が主で、3r標準馬テイ形、3rホロ型が多くあります。







・改修前のトンネル

 既設の安積疏水は、猪苗代湖を水源に福島県郡山地方を中心とした県中、県南の水田4500haにかんがいする用水施設で総延長(L)=29.7kmです。途中、山間部を通過するため、主に水路トンネルとなっています。しかし、通水後50年余り経過し、施設の老朽化が激しく、用水の安定供給のため、大規模改修を行うことになったものです。
 既設トンネルは、素堀部と巻立部が交互に存在しています。

・計画概要

 計画流量:Q=5.921m3/s
 水路勾配:I=1/238〜1/1114
 水路断面:3rホロ型(R=1.10m)
 トンネルタイプ:Aタイプ

 *既設水路は、毎年かんがい期の通水が必要で、工事期間は、非灌漑期(10月〜3月)の6ヶ月間となります。また、トンネル延長が長いことから、横坑を工事用坑口としています。

Copyright(c) 2017, SHINTOYO GIJUTSU CONSULTANTS CO.,LTD. All Rights Reserved